Viento del roble

不特定に、気ままに、サッカーを書き綴ればと。今年も何事も現場主義で。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

09年Jユースカップ予選 鹿島vs柏

アウェイ3連戦の最終戦は鹿島ユースとのアウェイ戦。
互いに無敗同士で迎えた試合ですが、勝ち負け以上に
印象深い試合となりました。

2009年10月31日 13:00Kickoff
鹿島 2-1 柏
70分くらい 峯

毀れ球をことごとく鹿島中盤の2人に拾われる厳しい展開でした。
前半10分過ぎに右サイドからのクロスを決められ、後半、相手陣内で奪ったボールからの速攻に
峯が抜け出し追いつきます。
逆転へ攻勢を強めたいところでしたが鹿島の圧が高まり、左サイドからのクロスを旨くヘディングで合わせられ万事休す。
増川君の再三のファインセーブもあったのですが残念ながら敗戦となりました。
鹿島はセンターフォワードの18番へと蹴りこまれたボールへの対応が上手かった。
ボールの落ちるスペースの後方へ体でDFを追いやり、トラップスペースを確保するプレーには唸らされました。
やられている側であるにも関わらず…。
柏もサイドからの斜めのクロスへ走りこむ形でキーパーと1対1の展開を幾度となく作りましたが、
残念ながら全てゴールならず。ベンチメンバーから不満の声が漏れ聞こえる場面も(苦笑)


それよりなによりこの試合で印象深かったのは、
お互いのチームがしっかりとトップチームのDNA『らしさ』を引き継いでいることがあからさまに目にできたことですね。
いい意味でも悪い意味でも。
それはやはり現場にいるからこそ見聞きできる声だったりちょっとした仕草だったりから感じることで、
なかなか言葉足らずにな私では説明しきれないところではあります。


これから柏レイソルというチームはどう『柏らしさ』を変遷させていくのだろうか。
これまで15年かけて築き上げてきた今のチームスピリッツを今後どう変遷させていくのだろうか
5年10年先を見据えた動きをチームはしているのか、
どう歩んでいこうとしているのか、考え出すと止まらずあっというまの鹿島からの長い長い帰路でした。

そんなことよりも11月3日、ホーム緒戦は今日対戦した鹿島を迎えての一戦となります。
予選リーグ首位通過のためには、今日の敗戦を覆す勝利が必要です。
スタジアムにお越しの方々、よろしければ声を、せめて拍手でだけでも選手を後押ししていただければと。
それではスタジアムで。
スポンサーサイト

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏U-18 2009 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<09年 Jユースカップ予選 柏vs鹿島 | HOME | 09年 Jユースカップ予選 湘南vs柏>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。