Viento del roble

不特定に、気ままに、サッカーを書き綴ればと。今年も何事も現場主義で。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2010年度千葉県ユース選手権 柏U18vs流通経済大柏高

お断り;諸事情により後半30分までしか見ていません。


本来ならば3月19日、J1リーグ戦のホーム仙台戦の日に秋津サッカー場でひっそり行われる筈だった柏ダービー。
震災の影響で5月末のリーグ戦のない日曜日に柏で行われることとなりました。
折からの雨のせいもありどれくらい観客動員に影響があったかはわかりませんが、
ユース年代の柏ダービーが柏市内で行われたのは結果としていいことだったんじゃないかなぁとも思ったのです。
勝利したチームが天皇杯予選へのチケットを手にする。
それも相まってか年に一度きりであろうダービーは白熱した手に汗握る展開となりました。

2011年5月29日 15:00キックオフ@日立柏サッカー場
柏U-18 1-0(延長) 流通経済大柏
ゴール;木村

台風2号崩れの熱帯低気圧の影響で横殴りの雨が降り注ぐ日立柏サッカー場。
雨の場合は人工芝開催という公式アナウンスもありやきもきしましたが、無事スタジアムでの開催となりました。
スタンドの人の出を見ても、スタジアムで開催できてよかったなぁと一観客ながら安心した次第。
しかし土砂降りのなか、ピッチはどんどんと状況は悪化していったのでした。
雨でかすむ反対側のピッチライン
水が溜まってボールが止まってしまう両サイド
メインスタンドからバックスタンドへと吹き抜ける強風で狙い通りにけれないサイドチェンジのクロス
悪条件が揃いながらも柏U-18は普段通りのパスをつなぐスタイル、
流通経済大柏はボールを奪うとすかさず前線へと送り込むキックアンドラッシュのスタイル
相反する両者のスタイルががっぷり4つに組み合ってお互いになかなかシュートへと持ち込めないまま
じりじりとした時間がひたすら過ぎて行きました。

シュート数では流経側が多かったでしょう。
流経側がカウンターで抜け出そうとしたところを後ろから倒してしまいイエローカードをもらう場面もありました。
それでも柏U-18が冷静に普段通りのサッカーを貫き通せたのは普段の練習のたまものでしょう。
前半終わった段階で「1点勝負になるなぁ」という予感は、
延長に入っての木村君のゴールで勝利を手繰り寄せるという形で的中したのでした。


この勝利で、柏U-18は第16回千葉県サッカー選手権大会(天皇杯千葉県代表決定戦)に
2種(高校年代)代表として出場することになりました。
ジェフリザーブス・千葉教員SC・浦安JSCとの4チームでのトーナメント戦で勝ちぬけば天皇杯千葉県代表となります。
1種(大学・社会人)の壁は大きいとはいえ、この大会2年連続の覇者である順天堂大がいない今年はチャンスやもしれません。
真夏の連戦となりますが、楽しみがまた一つ増えました。
スポンサーサイト

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏U18/11 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<全国クラブユース選手権予選EG 柏U-18vs山形ユース | HOME | CCY新人戦 柏U18対JEF千葉U18>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。