Viento del roble

不特定に、気ままに、サッカーを書き綴ればと。今年も何事も現場主義で。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

全国クラブユース選手権EG 東京Vユースvs柏U18

厳しい試合でした。そしてとても痺れる試合でした。
予選3日間で最も気温が高く風もない厳しい気候条件の中での息の抜けない熱戦となりました。
勝たねばならない柏、引き分けでも構わないヴェルディ、
スタートから攻め立てたのは前年度ディフェンディングチャンピオンのヴェルディユース。
(とはいってもユース年代ですから戦力が入れ替わって関係ありませんが)
前半の猛攻は年代別日本代表をも凌駕しているとすら思えました。

2011年7月26日 10:30Kickoff@前橋総合運動公園陸上競技・サッカー場
東京Vユース 0-2 柏U-18
35分 平久
81分 白井

公式の試合速報を見ても一目瞭然、キックオフ後15分間猛攻を浴びます。
その間の速報ででてくる柏のボールタッチは『柏 GK』の文字のみという凄まじさ。
U17代表の南君や高木君、そして昨年も苦しめられた杉本君などのタレント豊富なヴェルディが柏守備陣を蹂躙します。
パスアンドゴーでマークをひきはがし幾度も放り込まれたクロスボール。
こぼれ球を悉く拾われ浴びせかけられるシュート。
枠内シュートをDF陣が体をはってクリアし、中村君の好セーブで切り抜けること幾度だったでしょうか。
しかしボールを奪ってもボール保持者へと掛けられる素早いプレッシャーでパスを繋げられず奪われるマッチポンプ状態。
そんな中初めての柏のシュートは前半16分。山中君のFKでしたが、ゴール上へと残念ながら抜けていきました。
給水タイムを挟み、暑さのせいもあるのかヴェルディのペースが徐々に緩みDFラインでボールをつなげられるようになります。
それでもハーフラインを越えてのパスワークはいつもの冴えを見せず
その間たった一度のチャンスだった川島君のシュートもキーパーに防がれ
ヴェルディのカウンターばかりという状態の中転がってきたワンチャンス。
右SB鈴木君がハーフウェーラインでカットしたボールをそのまま持ち上がりクロス。
センター川島君を超えたボールはファーサイドの平久君のヘッドにドンピシャ。
少ないチャンスをものにした柏が先制して前半を折り返します。

後半も引き続きヴェルディペースのまま。耐えに耐え、忍びに忍ぶなか
後半20分ビックチャンス。右サイドからのフィードに蓮沼君が柏ベンチ前でDFラインをギリギリかいくぐって抜け出し
GKと1対1の状況を作ったかに見えました。
しかしアシスタントレフェリーの判定はオフサイド、これには柏ベンチ全員が立ち上がり異議を唱えます。
直後にも同様な川島君の抜け出しがありましたがこれまたオフサイド。
ただ柏らしからぬベンチの一体感にちょっと驚きを隠せなかったのは事実です。
膠着したまま緊迫感だけが高まる中、打破したのは交代で入った白井君でした。
左サイド山中君からの同サイドを目がけたフィードに、オフサイドポジションの平久君に気を取られたヴェルディDF陣の背後から抜け出し中央に切れ込んでシュート。
アディショナルタイムに追加点を決め、そのまま耐えて試合終了。
グループリーグ逆転1位の座を柏が獲得しました。

2-0という点差はついたものの、ヴェルディは本当に強かった。
再戦時に同じ結果を残せるとは思えず、もしお互い明日勝ちあがれば三ッ沢で再戦となるだけに気は抜けません。
しかし、その前にまずは明日の鹿島ユースとの対戦です。
勝ち上がり、三ッ沢へと駒を進めることを願ってやみません。
スポンサーサイト

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏U18/11 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<天皇杯1回戦 柏U-18 試合会場アクセスご案内 | HOME | 全国クラブユース選手権EG 柏U18vs京都U18>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。