Viento del roble

不特定に、気ままに、サッカーを書き綴ればと。今年も何事も現場主義で。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

第4節 鳥栖戦

2006年3月21日
14:04KICKOFF 日立柏サッカー場
柏 2-0 鳥栖
得点 24分 谷澤
   44分 谷澤

アウェイから中2日のホームゲーム。
鳥栖も同じ条件ながら後半走り負けていた場面が見受けられたのは気になるところです。
今のサッカーで走り負けるのは致命傷。
疲労が残っているならば選手の入替も必要なのかもしれませんが、
そこはもう監督にお任せするしかありません。
仙台戦同様、勝ち点3を取ったこと、それにつきます。
試合内容を求めていきたい気持ちもありますが、
今年の最大の目標はJ1復帰。これに目処が立つまでは
どんなに泥臭かろうと勝ち点を稼げれば其れで良し。
去年と異なり課題があることを明らかにしているし、
内容はともかく毎試合進化している姿を見せてくれていますから。

【J2:第4節】柏 vs 鳥栖:石崎信弘監督(柏)記者会見コメント [ J's GOAL ]
【J2:第4節】柏 vs 鳥栖:試合終了後の各選手コメント [ J's GOAL ]
柏公式
----------------------
◆試合終了後のコメント
石崎 信弘 監督
 仙台にアウェーで勝ち、中2日で臨んだ今日の鳥栖戦だった。仙台戦は全員が集中していたのに、中2日で疲れがあったのかもしれないが、イージーミスや守備のとき入るべきポジションに入っていないなど、やろうとしていたプレーがまだまだ未熟だった。2対0という結果はよかったが、課題は多い。中3日で次の試合がある。しっかり引き締めて水戸戦に向けていきたい。
谷澤 達也 選手
 2-0で勝ったことはよかったけど、内容はよくなかった。シュートは打ったら入っちゃったという感じ。今日はチームとしての決まりごとの前線からのプレスが甘かった。自分自身のコンディションはいいけど、この3試合ミスが多い。次からは減らしていきたい。疲れはあるけどそんなこと言っていられない。僕たちはまだ若いので、頑張ります。
北嶋 秀朗 選手
 今のレイソルには、選手、サポーター、スタッフの確かな一体感がある。そのおかげで、いい成績を残せていると思う。リーグ戦はまだ始まったばかりで、チームが成熟していくのがこれから。まだまだいくらでも成長の余地がある。
岡山 一成 選手
 プレッシングの前にボールを前に蹴られたり、裏に蹴られてラインを下げてしまったり。仙台戦のようなハマリ方ができず、みんな「どっか違うな」という違和感を持ちながらプレーしていたと思う。でも、これがJ2の戦い方。ああいうサッカーをしてくる相手に自分たちの戦い方ができるかがポイントになる。そんな相手に勝てたことは大きいと思う。
 アウェーで連勝して、ホームで勝てなかったらサポーターになんて言われるか。これからは「日立台では負けない」という不敗神話をつくるつもりでやりたい。
スポンサーサイト

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏レイソル 2006 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<今日の練習 | HOME | 第3節 仙台戦>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。