Viento del roble

不特定に、気ままに、サッカーを書き綴ればと。今年も何事も現場主義で。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

CWC2008準決勝 マンチェスターUtd vs G大阪

スタジアムに行きたかったなというのが見ての率直な印象。
物理的にスタジアムに行くことが無理だったので、諦めてチケットは購入していなかったのですが、
ワンセグ&録画で見たレベルでもあれだけ楽しめた試合は久々でした。

ルーニーの体幹の強さや2点目の抜け出しの巧さにはうならされたし、
山崎のゴールや橋本のゴールの時には思わず声を上げたし、
そうそう、聡太はガンバに行ってよかったねと心からそう思えた。
C.ロナウドをワンツーで安田が交わして行った時、後から追っかけて手をかけて
押し倒したC.ロナウドは本気で頭に来ていた(苦笑)だろうし、
3点目を取られた後のファンデルサールは心底悔しそうにポストを蹴り上げてた。
あのマンチェスターユナイテッドのメンバーをちょこっと本気にさせたのは見ていてうらやましかったな。
いつかレイソルのみんなであの舞台に立ちたいと心底願った。
いつかヨーロッパや南米の代表を本気の本気にさせてみたいと。

そう、あの舞台は夢じゃない。
日本で3本の指に入って、アジアを勝ち抜ければあの舞台に立てるんだと改めて悟った。
だからあの舞台に立ちたいと思うのは夢ではなくて、願いなんだ。


それからもう一つ感じたこと。
ガンバらしいサッカーで3点を奪ったこの試合を見て、
シーズン通して見ているわけでない他のチームのサポーターからも「○○らしい」って思われるっスタイルを打ち出せることって凄い事だなということ。
片やレイソルの立場で考えるとどうだろう?
「プレス」なのだろうか?
どうも「プレス」=石さんのイメージが強すぎて、=レイソルとはなっていない気がする。
それの色をつけていく作業をこれからレイソルは積み重ねていかねばならないよね。
その第一歩がこの天皇杯。
勝ちたい気持ちで負けないように、今のできる事を精一杯出せますように、そう願います。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ナビスコカップ 準々決勝1stレグ FC東京vs大分

決勝トーナメントを見に行くのは久しぶりでした。
でも平日夜の開催、客足も鈍く(なんとか1万人越え)寂しいスタンド。

東京;カポレ・エメルソンがサブ。今野の代わりは浅利。
   サイドも金沢の代わりに椋原(去年サハラカップ決勝で見たなぁ)が入り、徳永(1ヶ月くらいの怪我じゃなかったの?)が左。
大分;ガチメンバー。亮小林は今日はサブスタート。

スタートこそ大分が攻め込むも、攻の要、金崎が梶山に押さえ込まれる。
っていうか、この日の梶山は王様だった。U-23とは見違えるような走りっぷりとボール奪取。
大分の攻撃は殆ど梶山に芽を摘み取られて、いい選手だと再確認。
東京も徐々に動きがよくなり、特に右サイドから椋原と石川の突破が目に付くようになる。
大分はサイドから攻めようとするもサイドで数的有利を形成され、個人技による突破は金崎・ウェズレイくらいしか叶わずトップへ放り込むしかなくなる。
しかしながら3バックの体を張った守備と、大分の生命線、エジミウソンーホベルトのダブルボランチが攻撃の芽を摘み、スピーディながら決定機を与えないまま時間が過ぎて行った。
両チームとも中2日で疲れている中だがよく走っていた。
特にびっくりしたのは守備をする前俊
追いつけないボールには、走らない。そんな前俊が守備をしてた。
一生懸命に頭を下げて猛獣のように。広島サポが見たら口あんぐりだろうな。シャムスカマジック恐るべし…。
29分、東京のクリアボールが浮いたところをその前俊がなんとか体を入れる。
あー、海老反りーと思っていたら、左足に当たったボールが何故かゴール左隅に。
前俊しか打てねーよ、あんなゴール。
ダイジェストで見るのをお勧めします。
その後10分間くらいは東京があたふたしたところを突いた大分が何度かチャンスを作るものの攻め切れず。
残り5分で東京のセットプレーが続いたところで攻守逆転。大分があたふたする場面が続き、ロスタイム残り10秒ほど。
キレイにパスを3本繋ぎ最後は石川が1対1を押し込んで同点。

後半立ち上がりも東京の流れが続き、エメルソン・カポレ投入が輪をかけた。
が、梶山の運動量低下とともに徐々に大分中盤が機能し始めるとエジミウソンの
中央突破が幾度か見受けられるようになる。
それを助けたのは怪我明けの高松だった。
さすがのキープ力で前線で安定してキープできるようになると、中盤の押上げが光るようになってきた。
ファーストシュートは宇宙開発も、クロスが入る前にDFを引き剥がしてフリーで打てる状況を作る能力は流石。
小林亮を投入し、右に鈴木慎吾、左に小林亮と布陣を変えると右からの攻撃が活性化。
2点目も右サイドからの展開だった。
鈴木慎吾がパスを右サイドの金へ縦に出し、金は駆け上がりつつクロスを入れた。
選択肢としては左サイドでフリーの亮かと思いきや、ニアポスト近くに駆け込んだエジミウソン。
足下にどんぴしゃで渡り、DFがいるものの切り替えしていなし、ゴール左隅へと突き刺した。

こうしてみると、お互い中盤にキープレーヤーが存在し、その選手の運動量が差を分けてしまった感もあります。
梶山とエジミウソン、お互いに持ち味を出したものの梶山がスタミナ切れで目立たなくなってからは東京の攻めはエメルソン頼みになってしまった感じでした。
最後ホームで負けているにもかかわらず、しゃにむに追いつこうとする雰囲気が感じられなかったのも???。
結果的に2ndレグが一番面白そうな山の試合を見に行けたようです。



ナビスコカップ 準々決勝1stレグ FC東京vs大分…の続きを読む

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |

【告知】土日連続 千葉ダービー

明日は雷様復帰?かもとのナビスコカップ千葉ダービーなのは御存知でしょうが、
日曜日も千葉ダービーなのです。

関東クラブユース選手権2次予選A組
柏U-18 vs ジェフ千葉U-18@日立台

湘南とのサテライトの1時間後、17:00にスタジアムでキックオフです。

この2次予選で2位以内に入ると夏の全国大会への出場が決まります。
A組では、ヴェルディユースとジェフ千葉U-18の何れかを倒さねば2位以内は勝ち取れません。
(ちなみに3位ですと、2次予選3位の4チームのうち1チームが枠を争う順位決定戦で勝ち抜かねばなりません。)
おまけに、ジェフ千葉U-18とは今年2戦戦って2敗。これ以上負けるわけにはいきません。
折角のホーム開催です。勝利を目指して、御声援いただけますよう宜しくお願いします。m(__)m

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |

キリンカップサッカー2008 コートジボアール代表vsパラグアイ代表

ええ、ドゥンビアを見に行ってきましたよ。
試合には出ませんでしたので、試合前とハーフタイムがメインイベントでしたがね。
試合自体も面白かったですよ。あれで1500円(バックスタンド)は安すぎです。

2008年5月22日 19:00Kickoffニッパツ三ツ沢球技場
コートジボアール代表 1-1 パラグアイ代表

パラグアイ代表を見るのは2度目なんですよ。
その1回も埼玉スタジアムであった2003年のキリンカップなんですがね。
あの時と同じメンバーは1人だけ(6番 ホルヘ プリテス)で、あんまり記憶にも残っていなかったので全く知らないチームを見ている感じ。
一方のコートジボアール。
ヨーロッパ各国で活躍しているネームばかりで、エブエ、フォエ、ゾコラ、ドメル、トゥーレと
JSportsでプレーを具間見たり、各誌で見かける名前で既に興奮。

でも試合がはじまってプレーにひきつけられたのはコートジボアール3番のボカでした。
サイドの疾走スピードが速いこと速いこと。
目の前数mを駆け上がる度にwktkしていました
シュツットガルト・・・ね。Jリーグにこないかな?こないよな。
是非また見に行きたい選手でした。

パラグアイ側でも気になる選手が数名。
17番マルセロ エスティガリビア。
いかにも、まだ若いぞぅ!という体つきだったのですが案の定21歳。(残念,C契約は無理だ・・・)
もっと芯が入りそうだったので、後数年すればとても楽しみ。
そしてJでは見られない振り向きざまの弾丸シュートを放った11番ボガド。
スタンドで、出てきたときには『動けるノナトだ』なんて言っていたのですが度肝を抜かれました。
早いわ、パワフルだわ、重心が低くてパワー負けしないわといいところ尽くめ。
これまた21歳!(見えねー!)メキシコかアルゼンチンに行っちゃうんだろうな。
そして地味に一番気に入ったのは8番のアキノ選手でした。
細かいところに手が届くようなタイプのボランチ。中盤でよくボールをカットしてましたよ。

前半はコートジボアールのペース。
後半はギアを上げてプレスを掛けにきたパラグアイのペース。
お互いの持ち味を見せられたグッドゲームでした。

この日の2チームからは日本代表なんてとてもかなわん!と思ったんですがね。
力を付けているってことでいいの?見に行けなかったから評価できません。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |

JFL第8節 流通経済大学vs栃木SC

お互いに隙があっただけにどっちに転んでもおかしくない試合でした。
ゴールを先にとった流通経済大学がその勢いに乗れた事が勝因?
まぁ、見ていて小気味よいサッカーでしたよ。

2008年4月27日 13:00Kickoff 茨城県鹿島サッカースタジアム
流通経済大学 2-1 栃木SC
56分沢口
64分山村
89分小林

栃木SCは今年どこかで見に行こうと思っていました。
落合や石舘もそうですが、何より監督が柱さん。
去年の練習試合で気になった深澤もいますしね。
落合が前節で足を痛め(捻挫)見られなかったのは残念ですが、
靖樹が伸び伸びとサッカーを楽しんでいるように見えたのは嬉しかった。結果に結びつかなかったけれどね。
ただ、あのライオンヘアは如何なものか。靖樹には黒髪が似合うと思うんだけれどなぁ。
そのほかにもお互いに見慣れたメンバーが多く(元J、今冬の高校選手権出場者など)、初見の選手は1/3以下でした。

立ち上がりから栃木が何かおかしかった。
右サイドは岡田&小林のコンビで崩していける(特に岡田の幾度となく駆け上がるオーバーラップは脅威となっていた)のに左サイドから攻めようとすると何故か佐藤悠介のところで必ず行き詰ってしまう。(ほとんどがバックパスに)
かといって左サイドバックの入江がフォローのために上がってくる訳でもなし。
上野が下がり気味のため、半ば1TOP気味の靖樹に当てるボールからのチャンスメイク位しか上手く行っていない感じだった。
ただ、守備ではそれほど破綻を見せたところはなかった。小林、佐藤の両サイドがここぞというところでボールを奪うし、DFラインの裏を狙うロングボールはほとんどがオフサイドを取ったり、跳ね返したり。
流経は両サイドの個人技による突破しか打開策がなく、ほとんどシュートを打った印象がなかった。
そんなお互いに攻めあぐねた印象の前半だったのですが、選手交代からバランスを栃木が崩してしまった。
流通経済大学の沢口が後半の立ち上がりに技有のボレーシュートを決めると、栃木から若干焦った感じが漂ってきました。
靖樹のクロスバー直撃の強烈な右からのミドルもあり、あれが決まっていればどうなったかわからなかい感じでしたが、点を奪われた栃木が先に動きます。
(直前にケツから太もも裏にかけての部分をを蹴られて痛めたせいもあったのか)
靖樹に変えて横山聡を投入。しかし同様の動きを果たせずボールが収まらなくなる。
交代直後の2点目はFKから。右サイド30mくらいはありそうな距離からのセットプレイでゴールイン(FKにちょっと触ったのかな?遠くてわからなかった)
そしてボランチの向に変えて深澤を投入。4-4-2のままなれど中盤のシステムをボックスからダイヤモンド(深澤トップ下)に変えてしまった。
この交代で流れが完全に流通経済大学に行ってしまった気がする。
サイドにスペースが出来、流動的に動いていた流通経済大学の中盤、村瀬、中里、名雪、関戸が
ドリブルで持ち上がれるようになる。その開いたスペースへとサイドバックの押し上げも頻発し攻撃が活性化。栃木陣内での攻勢ばかり。いつ追加点がはいってもおかしくない雰囲気だった。

更に攻撃的に行こうと松田正を投入し4-3-3に変えた栃木、しかし流れを変えられない。
深澤の縦へのスピードを生かすわけでもなく、
上野、松田の高さを生かすべくサイドからのクロスのボールを入れるわけでもなく、
ただ足下へ足下へと言うボールばかりで点の取れるにおいがしなかった。
最後の最後、ロスタイム残り数十秒でカウンターによるシュートの零れ球を小林が押し込んだがときすでに遅し。

この結果に、去年のJFLを思い出してしまいました。
開幕から負けずにきた第8節、岐阜に負けた栃木、今年こそはその轍を踏んではならないはずです・・・。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |

今日もいつもと同じように

まぁ、触れざるを得ないでしょうね、この話題には。
世間はどれだけ騒ごうと、今日も等々力で試合があるのは間違えようのない事実。
今回の件で一番ショックを受けているのは毎日同僚として過ごしていた選手達でしょう。
それでも日常は進んで行くんだ。非日常なのは、興味本位のマスコミ等の目だけ。

私達は、いつものように、いやいつも以上にゴール裏から声援を送るだけしか出来ないのです。
今やるべき事はピッチに立つ私達の代表を後押しすること。
いつものように胸を張ってフェアに応援する事。気合入れていきましょうよ。


2005年4月28日、コアのいなくなった味スタにいてもたってもいられず駆けつけた俺は、選手達から勇気をもらったんだ。
3年後にこんな事になるとは思ってもいなかったけれど、今度は俺達が与える番だよ。やるべき事はただひとつ。

いい試合にしましょう、スタジアム全体で。フロンターレさん、よろしくお願いします。

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

その他 | コメント:2 | トラックバック:0 |

J2第7節 水戸vs熊本@笠松

有料試合の中では今年一番楽しい試合でした。
サッカーで癒されたのって久し振り。
池谷さんの後姿が相変わらずだったり、
竜二さんはGKコーチだったはずなのになんで選手交代の紙出しに行ってるの?とか、
番外も含めて大変楽しい試合でした。
サッカーってこんなに楽しかったんだよね。水戸と熊本の2チームが久々に思い出させてくれました。

2008年4月13日 13:04Kickoff 茨城県笠松運動公園陸上競技場
水戸 2-2 熊本
 2分 荒田(水戸)
12分 河端(熊本)
31分 中山(熊本)
58分 西野(水戸)


お互いががっぷり4つで持ち味を出したグッドゲーム。
2月に馬入で見た練習試合から数段パワーアップした水戸の姿がありました。
初めて見る熊本も、ラインを高く保ったコンパクトな4-4-2。速攻も遅攻も自在に操れるスキルの高いチームでした。
試合の流れをグダグダ書き出すといくらでも書けます。
消しちゃったけれど、実際30分くらいずっと書いてても前半20分分が終わらなかった
それだけ面白いシーン、惜しいシーンがたくさんありました。熊本にも水戸にも。
何よりね、選手がみんなピチピチしてた。川渕氏風に言うとね。
前へ前へとチャレンジする姿勢、仲間のフォローに無駄走りを惜しまない姿、
ホントに2時間があっという間のエンターテイメント。
2-2で決着こそつきませんでしたが、今日の試合を見てたいていの人はまた見に来たいと思ったんじゃないかな?次の試合も見てみたいと。
それだけにこれだけ面白い内容の試合を1464人しか見ていないと言う事が口惜しくて口惜しくて仕方がないのです。

今年のJ2、去年にも増して面白いですよ。

これまでのチームの流れを見ていないので、前の試合などと比べてどうなのかはわかりませんが、
両チームの選手のコメントを見るに試合の結果以上に内容について納得がいっていないみたいですね。

この2チームとも、シーズンが進んで行って完成度が上がった姿は本当に楽しみで仕方がありません。
第2クール第3クールで上位相手にどういうゲームが出来るのかとても楽しみにしています。
6月21日の広島戦@笠松は是非見に行きたいな。

楽しかった試合の後はいくら書いても書きたい事が次から次へと湧き出てきます。
そういえば去年の柏のゲームもそうでした。
あのプレイ、このプレイと記憶に残っているプレイが沢山ある試合をもっとたくさん見たい。
そんな欲求を掘り起こされた試合でした。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

その他 | コメント:2 | トラックバック:0 |
BACK | HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。